生き抜くための知恵まとめ

生き抜くためのあらゆる知恵を、ジャンルを問わずご提供します。

地震陰謀説は本当か?

日本で大きな地震が起こるたび、その地震は人工的に引き起こされたものではないか?ということが話題になる。

いわゆる地震陰謀説である。

 

闇の支配者「イルミナティ」によって、地震をはじめとした大災害が引き起こされるというもので、イルミナティとは、聖書にも登場する堕天使ルシファーを崇める悪魔崇拝者たちであり、一般的には秘密結社フリーメーソンの上位組織とされる。

 

人工地震の根拠とされているのが、悪魔の数字「18」である。

新約聖書の『ヨハネ黙示録』において“獣の数字”とされる63つ並んだ状態、666を合算した数が18なのだ。

 

陰謀論が囁かれる原因となっているのがこの18である。

不思議なことに、大きな地震が起こった日時から、必ずといってよいほどこの悪魔の数字が導き出される。

悪魔崇拝者であるイルミナティが「18」に関連する日時に災害を起こし、暗に自らの力を示していると言われているのだ。

 

そこで、実際に日本で起こった大きな地震について見てみる。

阪神・淡路大震災  1995117日 月日を足したら11718

東日本大震災  2011311日 年月日を足したら201131118

熊本地震  2016414日 月日を足したら414

大阪府北部大地震  2018618日 足し算するまでもなく日付が18

 

さらに、

・北海道地震 

発生したのは201896日時刻午前3時ごろ。月日時を足したら96318

発生年の元号=平成30年。 その30と月日を足したら309618

 

このように、単なる偶然とは思えないほどに、18が出てくる。

北海道地震のときなんて、地震発生から1分後に官邸の対策室が設置されたという。これは、上の方々が事前に(人工)地震が起こることを知っていたからこそ、なせる技ではないだろうか…

 

また、地震計の波形が明らかにおかしい。という指摘もある。通常、初期微動であるS波が起こり、その後に主要波であるP波が起こる。その結果、徐々に大きな波形になっていくのが普通である。ところが、人工地震の場合だと、いきなり爆発的な揺れが起こるため、最初から大きな波形になる。その波形が、北海道地震のときにあったというのだ。

 

なんてことを考えると、もはや陰謀としか思えなくなってくる。

 

仮にそれが陰謀だったとすれば、私たちにできることは、年月日のすべて・またはいずれかを足して18になる日に気をつける、くらいか…

 

そもそも、いざという時に備えて、災害対策グッズを常備しておくことが一番よさそうである。地震が自然発生するにせよ、人工的に引き起されるにせよ、地震への備えは必要だからだ。